頭皮のかゆみの原因について

頭皮のかゆみが起きる原因はいくつかあります。清潔にすれば治るというものではありません。
原因に合った適切なケアをしないと改善しませんので注意が必要です。

頭皮は思っているよりもデリケートです。
そのため、カラーリングやパーマなどによってダメージを受けます。
肌が弱い方がダメージを受けやすいのはもちろん、日焼けした後の敏感になっているタイミングでカラーリングやパーマをしてしまうとよりダメージが大きくなります。
適切な間隔をあけずに繰り返しカラーリングやパーマを行うのもダメージを招く原因になります。

シャンプーやコンディショナーが頭皮に残ってしまうのもかゆみの原因になります。
シャンプーは汚れを落とすために使うものですから、しっかりすすいで落とすことが必要です。
コンディショナーやリンス、トリートメントなども髪に使うもので頭皮に残して良いものではありませんので地肌に残っているとトラブルを招いてしまいます。
洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。

食生活やストレスも関係してきます。脂質の多い食事が多かったり、ストレスを溜めていたりすると皮脂が過剰に分泌されます。
皮脂が過剰になると毛穴が詰まりやすくなり、トラブルが起きやすくなりますので注意が必要です。
酸化して皮脂が地肌に残っている状態は負担が大きいため、炎症などのトラブルが起きやすくなり、その影響でかゆみが発生することが考えられます。
食生活やストレスなどについても注意しましょう。

雑菌が繁殖することもトラブルに繋がります。皮脂が過剰に分泌されると皮脂を好む雑菌が繁殖しやすくなります。
なかでもマセラチア菌は皮脂を分解するときに脂肪酸が発生し、その脂肪酸が原因となって炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

頭皮も皮膚ですから乾燥します。乾燥すると皮膚のバリア機能は低下して刺激を受けやすくなります。
頭皮が乾燥してバリア機能が低下するとかゆみを感じやすくなります。
1日に何度も洗ったり、熱すぎるお湯を使ったりすると皮脂を必要以上に奪うことになり、乾燥を招く原因になります。
洗い残しもよくありませんが洗い過ぎも原因になりますので注意しましょう。

カラーリングした後の乾燥を防ぐにはヘアオイル!

カラーリングをした後は乾燥しやすくなります。
乾燥を放置していると色が抜けやすくなってしまいますのでヘアオイルを使って上手にケアをしましょう。
カラーリングの色を保ちたいのであれば、注意したいのが紫外線や摩擦、乾燥といったものに注意が必要です。
キューティクルが傷んでしまうとカラーが流れやすくなってしまいます。しっかり保護しましょう。

ヘアオイルを使用することで熱から髪を守りやすくなります。
そのため、ヘアオイルを使用することでドライヤーなどの熱から髪を守ることができます。
濡れたままにしているとキューティクルがしっかり閉じていないため、カラーが流れやすくなりますし、髪も傷みやすくなります。
カラーを長持ちさせるためには、しっかり乾かすことが必要です。しかし、ドライヤーの熱によるダメージも心配しなければいけません。

ヘアオイルで髪を守りつつ、ドライヤーを使ってしっかりと乾かすとよいです。
守りながら乾かすことができますから、カラーリングした後の髪を効果的に守ることができます。
コテやアイロンを使うときも同じです。事前にヘアオイルを使って髪を保護することで、熱による乾燥から髪を守ることができます。

髪も日焼けしますので紫外線対策は大切です。紫外線により日焼けすると色落ちが早まってしまいます。
カラーを長持ちさせたいのであれば、外出前には髪にヘアオイルをつけて、乾燥対策や紫外線対策をしておきましょう。

髪を洗うときにも、ドライヤーやコテを使ってヘアスタイルを整えるときにも、外出前にも、髪の乾燥を防ぐためにはヘアオイルが有効です。
毎日のことですから大変ですがカラーを長持ちさせるためには、自分に合ったヘアオイルを見つけて上手に活用しましょう。