AGAにならないための日常の過ごし方

AGAの原因は生まれつきの体質や遺伝だと多くの人が考えています。
確かに、抜け毛の原因は男性ホルモンなどの体質によるものが大きいのですが、日常生活の中での悪い習慣が積み重なることで、さらに抜け毛を促進してしまうことがあるので注意が必要です。

AGAにならないための日常生活は、身体にいい生活と考えれば問題ありません。
まず、食生活ですがインスタントばかり食べていると栄養不足になってしまいます。
髪の毛も身体の一部なので、タンパク質やアミノ酸が不足してしまうと髪の毛の健康を維持することはできません。
栄養バランスに気を付けて、栄養不足にならないようにまんべんなく食べるようにしましょう。
脂っこい物ばかり食べていると、血液の流れが悪くなってしまうので良くありません。

栄養バランスに気を付けた食事を取ることは大切ですが、アルコールの過剰摂取は良くありません。
アルコールにより皮脂が過剰生産され、毛穴をふさいでしまうからです。
喫煙も血管を収縮させて、頭皮への血流を悪くしてしまうので避けましょう。
喫煙の習慣がある人は禁煙するのがベストですが、本数を減らすのも効果的です。

そして、AGAでは髪の毛の成長を促進しなければいけません。
しっかりとした睡眠を取れば、大人でも成長ホルモンが分泌されます。睡眠不足が続いてしまうとAGAを促進してしまいます。
関係がなさそうに見える運動不足もAGAには良くありません。運動することで、新陳代謝を促進し、血行促進作用があるからです。

AGAにならないためには、血行促進など日常生活において規則正しい生活を送ることが非常に大切になります。
年末など飲み会が続いてしまう日もでるでしょうが、食べ物や睡眠には気を付けて、身体を動かす習慣を作りましょう。
何気ない生活習慣によって、抜け毛を自ら促進してしまうことがあります。
どれも毎日の積み重ねなので、気を付けて習慣を変えることで、効率よく髪の毛にいい習慣に変えることができます。

頭皮マッサージで血行促進してハゲ対策

AGAのためには、髪の毛が生える元になる頭皮への血行促進が欠かせません。
そこで、頭皮マッサージを行うようにしましょう。
マッサージというと、難しそうなイメージがありますが、誰でも簡単に行うことができて、気持ちがいいので続けやすいです。
けれども、間違ったやり方をしてしまうと、逆に頭皮にダメージを与えてしまうので、正しいやり方をマスターしましょう。

まず、頭皮が清潔な入浴中や入浴後に行いましょう。
この時、爪は短く切っておき、頭皮に刺さらないようにします。使うのは爪ではなく指の腹の部分です。
両手を頭に大きく広げるようにして、指の腹で円を描くようにマッサージしていきましょう。
指のあたっている場所を少しずつ動かしていくと、頭皮をまんべんなくマッサージすることができます。

気持ちいいと感じたところは、ゆっくりと指で押していくこともできます。
全体のマッサージが終わったら指をすぼめて頭頂部に引っ張るような気持ちで、持ち上げると効果的です。
マッサージをすればするほどいいのではないかと思い込み、長時間やってしまう人もいますが、頭皮は他の皮膚と比べて薄いため、毎日数分間のマッサージで刺激としては十分です。

頭皮マッサージは、毎日行うのが大切です。
シャンプーをしてから、湯船にはいっている時や、入浴後の時間のあるときなど、自分のやりやすい時間帯を見つけて、その中で行うようにしましょう。
使うのは自分の手だけなので、特別な道具などは必要ありません。
力を入れ過ぎたり、爪を立てないように気を付けて行いましょう。痛いと感じるようでは、力が強すぎてしまいます。
気持ちいいと感じるくらいのやさしい力でマッサージを行うようにしましょう。